風力発電と太陽光発電は新時代のクリーンエネルギーとして大注目されています!


クリーンエネルギーへのシフトが求められる時代へ

世界的に脱原発の気運が高まって来ており、日本国内でもその世論が強くなっています。実際に原子力発電から新しい発電方法へシフトすべき、という世間の声が大きくなっており、クリーンエネルギーへの期待感が高まっています。クリーンエネルギーには太陽光、水力や風力、地熱やバイオマスなどがあります。その中でもひと際注目を集めているのが太陽光発電と風力発電の2つです。国内でもその2つは既に実用化されており、日本列島の各地域でその姿を見かけるようになりました。

風力発電の抱えるデメリット

風力発電は風のエネルギーを利用して電気を生産するシステムですが、太陽光に比べて難点が目立ちます。太陽光発電であれば多少曇りの天気になっても発電は充分可能ですが、無風状態になると発電する事が出来ません。風力発電所を建てるためには広大な敷地が必要です。クリーンエネルギーを生産するために、元々あった森や田畑を破壊して発電所を建設する、これでは本末転倒になりかねません。風力発電のシステムは言わば大掛かりな風車であり、実際にフル稼働させると周辺一帯に不快な騒音が発生しやすいです。見た目はクリーンで環境に優しい風力発電ですが、周辺住民が異音に悩まされるリスクが高く、大規模な敷地と先行投資が必要であり、それでいて発電量にはムラがあるのが大きなデメリットです。

太陽光発電のメリットとは

太陽光発電のメリットとして最初に挙げられるのが、僅かな面積でも発電が始められる点です。他のクリーンエネルギーに比べて必要なスペースが少なく、個人宅や中小企業が管理する敷地でも充分、実用化が望めます。実際に企業の自社ビルの屋上や個人宅の屋根などにソーラーパネルが数多く設置されています。デッドスペースを有意義に使えるのが太陽光発電の第二のメリットです。店舗や住居として使う事が難しい、空き地もソーラーパネルを設置する事で発電所として運用でき、得た電気は所有者の自宅や店舗で使えます。

光熱費がお得になるのが太陽光発電の第三のメリットです。パネルで生産した電気は専用のバッテリに蓄電する事が出来ます。快晴の夏日に大量に発電して、それを貯めて置き、曇りの日や雨の日に消費するといった柔軟な使い方が可能です。家庭や企業のランニングコストの中でひと際大きな割合を占めるのが電気代ですが、太陽光発電の導入によって電気代が大幅に安くなれば、家計や企業経営の運営が非常に楽になるでしょう。パネル設置に掛かるコスト、メンテナンスに掛かる費用が他のクリーンエネルギーに比べて安価なのも隠れた利点です。

太陽光発電の価格は、初期の頃に比べてかなり安値になっています。家庭での普及の他、業者の新規参入で供給が需要を上回っている事が価格を引き下げています。